loader-looploader-loop
Processing your requestThank you for waiting.Please do not close or refresh this page.

untuk mengaktifikan message tambah addClass active-message_header pada div alert-message

filename-slider

バンドン

概略

バンドンはインドネシアのジャワ島西部にある都市で、西ジャワ州の州都。
植民地時代に政治・経済・文化の中心地の1つとして発展し、多くの外国人が居住していたことから「ジャワのパリ」とも呼ばれています。
ジャワ人に次いで人口の多い種族であるスンダ人が生活し、スンダ語が話される「スンダ地方」の中心地で、1955年4月にバンドン会議(第1回アジア・アフリカ会議)が開催された場所でもあります。
市内には現在でもアールデコ様式の建築物が残っています。また、衣料品のファクトリーアウトレット店やモールも多数存在し、ショッピングも楽しめます。

ガルーダ・インドネシア航空がお届けするバンドンの魅力満載のパンフレットです。
ダウンロード(PDF)

ページの先頭に戻る

地理

首都ジャカルタから東南に約200km、陸路(高速道路または鉄道)で約3時間。
中心地の標高は海抜700mで、周囲を標高2,000mクラスの山々に囲まれているため、熱帯にありながら年間を通して涼しく過ごしやすいです(日中の気温は27~28℃、夜間は17~18℃)。

ページの先頭に戻る

バンドンの主な見どころ

アンクルン(Angklung)

インドネシアの伝統的な竹製の打楽器。ジャワ島西部が起源とされ、2010年にユネスコの無形文化遺産に登録されています。


ホワイトクレーター(Kawa Putih)

バンドンから車で約1時間半、パトハ山の火口湖。

ホワイトクレーター(Kawa Putih)

ティープランテーション

涼しい気候を生かした、一面に広がる茶畑。

ティープランテーション

ページの先頭に戻る

地図

ページの先頭に戻る

skyteam logo

スカイチーム ガルーダ・インドネシア航空はインドネシア初のスカイチーム加盟航空会社です

詳細はこちら