loader-looploader-loop
Processing your requestThank you for waiting.Please do not close or refresh this page.

untuk mengaktifikan message tambah addClass active-message_header pada div alert-message

filename-slider

ジョグジャカルタ

 

ジャワ美術の最高傑作、世界遺産を堪能する旅へ

インドネシアを代表する世界遺産ボロブドゥール遺跡は、8~9世紀に建造された世界最大級の仏教遺跡。
街の中心から気軽にアクセス可能なエリアにあり、エクスクルーシブな体験をお求めになりたい方は、遺跡頂上から眺める朝日がおすすめです。椰子の樹々の彼方から太陽が昇ると、辺り一面がシャンパンゴールドに染まり、仏像やストゥーパ(仏塔)のシルエットが浮かび上がる幻想的な風景です。夜明け前に登るため、ボロブドゥール遺跡周辺に宿泊するのがおすすめです。

ガルーダ・インドネシア航空がお届けするジョグジャカルタの魅力満載のパンフレットです。
ダウンロード(PDF)

 

  • 成田発
  • 羽田発
  • 大阪発

 オンライン予約

画面右側、青色の「予約」からお申込みいただけます。
また、インドネシア国内線のスケジュールは「時刻表検索」から確認いただけます。

 ツアー情報

ボロブドゥール遺跡やプランバナン遺跡、クラトン(王宮)など魅力あふれるスポットがいっぱいのジョグジャカルタ。
たっぷりと楽しんでいただけるツアーをご紹介します。

 

○ 世界遺産


 

世界遺産 ボロブドゥール遺跡(1991年認定・文化遺産)

2012年7月、アメリカのニュース専門局CNNが「生涯に一度は見たい27の絶景」第一位に選出

200万個もの切石を積み上げた、高さ34.5m、一辺123mの仏教遺跡。円壇頂上の大ストゥーパ(仏塔)を72の小ストゥーパが取り囲み、外輪の回廊には仏教にまつわる精緻なレリーフがおよそ1500面も。1814年にイギリス人のラッフルズによって発見されて約200年。今も秘密のベールに包まれたままですが、その姿は世代を超えて訪れる人に感動を与え続けています。

ジョグジャカルタ市内から車で 約40

ジョグジャカルタ行きのツアーはこちら


● ボロブドゥール遺跡周辺の遺跡

世界遺産 パオン寺院

ボロブドゥールとムンドゥッ寺院の中間にたたずむ閑静な寺院

ボロブドゥールとムンドゥッ寺院を結ぶ直線の中間に、「パオン寺院」はひっそりとたたずんでいます。高さ12mほどのこじんまりした寺院は、その役割に様々な説があるものの、シャイレンドラ王朝のインドラ王の遺灰を埋めた場所、という説が最も有力とされています。堂内にはなにもありませんが、階段脇や側壁に彫られた美しいレリーフは見ごたえ十分です。

ボロブドゥール寺院から車で 約5




世界遺産 ムンドゥッ寺院

世界的に知られる美しい仏像に心が安らぐ仏教寺院

ボロブドゥール遺跡から東へ約3kmの場所にある「ムンドゥッ寺院」は、堂内に安置された3体の石像仏がジャワ美術の真髄とされる有名な仏教寺院です。特に、高さ3mもある中央の如来倚座像はその美しさで知られており、優しげな表情が見る者の心を癒します。また、寺院の内壁や外壁に描かれた鬼子母神や毘沙門天のレリーフも素晴らしく、一見の価値ありです。

ボロブドゥール寺院から車で 約5

ページの先頭に戻る

世界遺産 プランバナン遺跡(1991年認定・文化遺産)

ヒンドゥー教と仏教が融合、5kmにわたって遺跡が残る巨大寺院群

ロロ・ジョングラン寺院を中心に、6つの寺院が並ぶ寺院群。中央にそびえる高さ47mのシヴァ神殿は、ヒンドゥー美術を象徴する焔のような堂が印象的。古代インドの2大叙事詩「ラーマヤナ」「マーハーバーラタ」が刻まれたレリーフはボロブドゥール遺跡にも匹敵する素晴らしさです。周辺には仏教寺院も多く、ヒンドゥー教国と仏教国が友好的に共存した9世紀のジャワがしのばれます。

文化体験 ラーマーヤナ バレエ

古代インドの大長編叙事詩「ラーマーヤナ」を題材にした、音楽にのった優雅な伝統舞踊劇。ライトアップされた世界遺産「プランバナン寺院」をバックにした華麗で壮大なパフォーマンスです。

開催時期 5月~10月
開催時間 19:30~21:30
(雨天時屋内上演など変更あり)

ジョグジャカルタ空港から車で 約30


 

● プランバナン遺跡周辺の遺跡

世界遺産 ボコの丘

プランバナン遺跡を望む宮殿跡が残る風光明媚な丘

プランバナン遺跡から車で約20分の場所にある、標高200mの丘が「ボコの丘」。頂上には、9世紀頃にヒンドゥー教徒だったラカン・ワラン王が建てたとされる宮殿が王国消滅後から廃墟となって残っており、石門や砦、沐浴場、火葬場、祠などの遺跡が、王国の往時を今に伝えています。また、ここからの景観は素晴らしく、水田やサトウキビ畑の中にたたずむプランバナンの姿は見ごたえ十分といえるでしょう。ボコの丘は、ボロブドゥール遺跡やプランバナン遺跡のように有名ではありませんが、ボコ王が建てた王宮跡で昔の栄華を偲ばせる跡が随所にあります。また、サンセットが有名な場所です。

プランバナン寺院から車で 約20

ページの先頭に戻る

○ 観光スポット

見どころ クラトン(王宮)

今もスルタンが暮らす文化財

1756年に建築され、現在もスルタン(王様)が暮らす王宮です。内部の博物館では、スルタンが愛用した家具、衣装、クリス(ジャワ独特の短剣)などが展示されています。バティックを身にまとった宮廷従僕の腰には、今でもクリスが。

ジョグジャカルタ空港から車で 約20

タマン・サリ(水の離宮)

スルタンに使える女官が水浴びした水の離宮

1765年に建てられた離宮で、レンガ造りの壁に囲まれた宮殿の内部には広々とした水浴場があり、今でも水がはってあります。晴天の日には、空の青さが白い壁に映え、とても綺麗です。

クラトンから徒歩で 約5


文化体験 世界遺産 バティック(2009年認定・文化遺産)

ジャワ更紗として知られる、ジャワ島の銘品

インドネシアの伝統的なろうけつ染めの布地、バティック。地域ごとに伝統の柄や色を継承しています。特にジャワ産のバティックはクオリティが高く、「ジャワ更紗」として世界中で評価されています。ジョグジャカルタの王宮やタマン・サリ周辺、ソロのカウマン地区はバティック工房が多く、制作風景を見ることもできます。このほかインドネシアからは、ワヤン・クリ(伝統的な影絵の人形劇)、クリス(短剣)、アンクルン(伝統竹製楽器)が世界無形文化遺産に認定されています。

世界遺産 ワヤン・クリ

無形文化遺産に認定された伝統的影絵芝居
ワヤン・クリ(Wayang Kulit)とは、人形を用いた伝統的な影絵芝居、またそれに使われる操り人形のことで、ラマヤナ、マハーバラタなどのレパートリーがあり、通常は一晩かけて明け方まで上演されています。
また、2008年ユネスコの無形文化遺産に認定されています。


街歩き マリオボロ通り

メインストリート「マリオボロ通り」の夜に集まる屋台レストランは市街最大の見所

市街の北部にある中央駅から南に真っ直ぐ伸びる通りがジョグジャカルタのメインストリート、「マリオボロ通り」。道沿いには、ホテル、レストラン、銀行、スーパーマーケット、有名なバティック専門店、ブティック、観光案内所などが建ち並び、いつでも多くの人で賑わっています。夜になると屋台が集まり、さながらレストラン街になるこの通りは、ジョグジャカルタ最大の見所といえるでしょう。

ページの先頭に戻る

○ホテル情報


アマンジオ

世界遺産「ポロブドゥール遺跡」のわずか数キロ先にただずむラグジュアリーなホテルです。


マノハラ

ボロブドゥール史跡公園内にある唯一のホテルで、世界遺産「ポロブドゥール遺跡」に最も近い場所にあります。



ハイアットリージェンシージョグジャカルタ

市内随一の繁華街「マリオボロ通り」まで車で約15分弱、世界遺産「ボロブドゥール遺跡」までも約50分の好立地にあります。
ホテルのホームページはこちら


ロイヤルアンバルクモジョグジャカルタ

ジョグジャカルタ市内にあり、空港から車で10分。ショッピングセンターが隣接しています。

ページの先頭に戻る

地図

ページの先頭に戻る

skyteam logo

スカイチーム ガルーダ・インドネシア航空はインドネシア初のスカイチーム加盟航空会社です

詳細はこちら