loader-looploader-loop
Processing your requestThank you for waiting.Please do not close or refresh this page.

untuk mengaktifikan message tambah addClass active-message_header pada div alert-message

filename-slider

視覚

多彩な伝統的テキスタイル、色鮮やかな色彩のタペストリー、美しい模様と独特の素材等、独自の美しさで訪れる人の目を楽しませ、心をなごませ、元気づけてくれることでしょう。

キャビンの新しいインテリアデザインは、インドネシアの豊かな色彩と伝統的なモチーフを配し、最新の機内エンターテイメント設備を備え、お客様にまったく新しいフライト体験をご提供いたします。

客室乗務員の制服について
女 性客室乗務員の制服は、伝統的な衣服ケバヤを改良し、「かぐわしい命の輝き」という意味を持つ伝統的なバティックのモチーフ「Parang Gondosuli」に着想を得たものです。このモチーフはLereng Garuda Indonesiaと呼ばれています。制服は瑞々しさとトロピカルなイメージのトスカグリーン、温かみとフレンドリーでダイナミックな印象のオレンジ、確 かさ、信頼、悠久、落ち着きを表すブルーの3色が基本色となっており、伝統をベースに、洗練された上品な装いになっています。
一方、男性客室乗務 員の制服は、プロフェッショナルなビジネスの装いで、グレーのシングルジャケットにコットンとポリエステルのしわになりにくい混紡素材のライトブルーの シャツを合せています。シルクのネクタイにはガルーダ・インドネシア航空のアイデンティティを示す図形、パターン、色が用いられています。

制服のデザインコンセプト
新 しい制服の発想の源となり基本コンセプトとなっているのは、バティックです。ユネスコの世界無形文化遺産に登録されているバティックは、インドネシアの伝 統文化を代表するものです。ガルーダ・インドネシア航空は、今後も広く世界にインドネシアの独自の文化を紹介して参ります。
ファッションデザイン を始めとする関連分野の専門家たちがチームを組んで、ガルーダ・インドネシア航空のデザインプロジェクトチームを結成しました。著名織物製作者ジョセ フィーヌ・W・コマラ氏(通称オビン)、カラーイメージコンサルタントのイルマ・ハルディスリヤ氏、建築家・インテリアデザイナーのテッド・スリスティオ 氏が参加しました。また、元ガルーダ・インドネシア航空客室乗務員のディアンティ・ポエトラント氏も参加し、女性客室乗務員にとっての快適な衣服につい て、経験に基づいた様々な情報を提供しました。

生地はしわにならない、着心地の良いものが使われています。プロフェッショナルな装いであることはもちろんですが、デザインで考慮すべき重要な点は、客室乗務員としての業務、特に避難誘導やその他緊急時の対応に適した動きやすい服でなければならないということです。

ガルーダ・インドネシア・エクスペリエンスとの調和
カッティング、モチーフ、色あいなどの現代的なデザインコンセプトに基づいたバティックをモチーフとした新しい制服は、ガルーダ・インドネシア・エクスペリエンスのコンセプトにも見事に調和しています。
トスカグリーン、オレンジ、ブルーの3色は、ガルーダ・インドネシア航空のコーポレート・カラーとインドネシア古来の織物の伝統に基づいて選ばれました。そしてテラコッタブラウン、オレンジ、ブリックレッドを基調としたキャビンカラーともマッチしています。


客室乗務員ばかりでなく、発券オフィススタッフ、空港スタッフなど、お客様と接する部署で働くスタッフもこの新しい制服を着用しています。

skyteam logo

スカイチーム ガルーダ・インドネシア航空はインドネシア初のスカイチーム加盟航空会社です

詳細はこちら