loader-looploader-loop
Processing your requestThank you for waiting.Please do not close or refresh this page.

untuk mengaktifikan message tambah addClass active-message_header pada div alert-message

日本航空株式会社と包括提携について合意

【プレスリリース】

ガルーダ・インドネシア航空会社(本社:ジャカルタ、インドネシア 社長兼最高経営責任者:パハラ・ヌグラハ・マンスリ)は、2018年9月6日(木)、ジャカルタ ガルーダ・インドネシア航空本社にて、日本航空株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長 赤坂祐二)と二社間の包括提携に関する合意書に署名しました。


<2018年9月6日 ジャカルタ ガルーダ・インドネシア航空本社にて>
・ガルーダ・インドネシア航空 社長兼最高経営責任者 パハラ・ヌグラハ・マンスリ(写真中央左)
・日本航空株式会社 代表取締役副社長執行役員 藤田 直志(写真中央右)

この合意により、10月28日(日)の冬季スケジュールより、日本―インドネシア間を含む国際線および日本国内とインドネシア国内線の一部の路線においてコードシェア便の運航を開始いたします。

<ガルーダ・インドネシア運航便>
国際線:羽田 - ジャカルタ、成田 - デンパサール
国内線:ジャカルタ - ジョグジャカルタ、ジャカルタ - スラバヤ

<日本航空運航便>
国際線:成田 - ジャカルタ、成田 - ニューヨーク、成田 - ロサンゼルス
国内線:羽田 - 新千歳、羽田 - 名古屋(中部)、羽田 - 福岡

将来的にはコードシェア便の拡大および、マイレージプログラムの提携などを含む関係強化を目指し、今後継続協議していく予定です。具体的な開始時期、内容については別途ホームページにてご案内いたします。

コードシェア便の運航は政府認可を条件としています。

ガルーダ・インドネシア航空は、今後も路線網の拡大と便利で快適なサービスの提供を通じ、お客様の更なる利便性の向上を目指します。

■ガルーダ・インドネシア航空会社について
インドネシア共和国を代表する航空会社。会社設立1949年。日本への運航開始は1962年3月。
2017年12月時点での保有機体数は143機(シティリンク含まず)、平均機体年齢は5.43年。インドネシアの文化や伝統をベースとした、五感で感じるインドネシア「ガルーダ・インドネシア・エクスペリエンス」がサービスコンセプト。2014年、スカイチームに加盟。スカイトラックス社(英国の格付け会社)による「The World Airline Awards」では、4年連続で「5スターエアライン」認定(2015~2018年)と「The World's Best Airline Cabin Crew」(2014~2018年)を世界で初めて5年連続で受賞している。

 

◆印刷用のインフォーメーション(PDF)はこちらから

<本リリースに関する問い合わせ>
ガルーダ・インドネシア航空会社 篠、南部
【E-Mail】 tyock@garuda-indonesia.co.jp

<報道関係者からのお問い合わせ先>
ガルーダ・インドネシア航空 PR事務局 木村・齋藤(株式会社サステナブル内)
【E-Mail】 garuda.PR@sustainable.co.jp 【電話】 03-3376-6660

◆共同リリースの印刷用インフォーメーション(PDF)はこちらから

ページの先頭に戻る

skyteam logo

スカイチーム ガルーダ・インドネシア航空はインドネシア初のスカイチーム加盟航空会社です

詳細はこちら